2001年、訳あって日本を飛び出した俺。 グダグダ過ごした、バンコクでの日常。 ナナプラザ、レインボー。 5年たったから、初めて書ける、酒・女・イカレの記録

タイたいざい 2001年

安心できる空間 | main | 思いもしなかった再会
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
イ娘
昼過ぎに目が覚めた。
とりあえず、飯を食いにレックさんラーメンへ、
すると、「いつもありがとうございます。」ときた。
顔を覚えられたのだろうか?
飯を食って宿へ帰ると、一眠りしたくなった。
目が覚めると、もう夜の7:00。
今日はいったい、何をしていたのだろうか?
シャワーして、歯を磨いて、屋台へ飯を食いに行った。
食事後、さーて、きょうはイレズミ娘(以下、イ娘)と一発やな!
そんな事を考えつつ、スイカを食いながらバスを待つ。
待つこと30分、2番バスが来たのでナナヘ向かった。

店に着くと、座った席のステージをはさんで反対側にイ娘がいた。
隣には40歳ぐらいの日本人っぽい男。
「やべ、連れて行かれるかな?」
どうやら、結構、話が進んでいる様子だ。
連れて行かれたら、R1のスタイルねーちゃんに行こう!
そう思いながら、数十分ほど待っていた。
その間、何人かのギャルが近づいてきたが、適当に断った。
ダンスのメンバーが変わって、イ娘も踊っている。
よし、即行でウェイトレスにあの娘を呼べと指示を出し、ダンスが
終わってくるぞーと期待しながら、イ娘を見ていた。
が、・・・一向に来ない。「なんで?」
まあ、ええかと、イライラしながらビールを飲んでると、
白いねーちゃんが踊りだした。
う~ん、初日に負けて、Hしたのが間違いだったな。
こっちを、ばっちり見てるよ!正確は悪くないんだが・・・。
そうやって、ボーっとビールを飲んでいると、
ヒョコッとイ娘が目の前を通った。
「こっちこいよー!」
で無理やり座らせて、抱きついてるとイヤそうな顔。
「なんだよ、お前。」そう思ったが、まあ、ええや。
直ぐにデブママがやってきてペイバーの催促。
今日はやるよ。この女とやってからベトナムに行くんだから。
イ娘は、驚いて俺の顔を見ながら、「マジ~?」の一言。
多分、俺はカオサン野郎で、女を買わないと思われたのか。
とりあえず、店にB500と飲み代を払うと、外へと出た。

とりあえず、3階の簡易ホテルへ行ったが、満室だったので、
2階へと行った。
普通、店から出ると、照明の関係なのか急に不細工に戻ってたり
するのだが、この娘はそんなことはなかった。
ニキビが少しあるぐらいで、美形だった。
シャワーして、さ~てと、マジかわいいや。ツボにはまる。
小さいチチをもんで、あそこをさわると、やっぱり濡れは悪い。
結構、丹念にやったのだが、入れる時はツバつけてた。
色々と堪能した後、バックでイレズミを見ながら、
ムチャクチャに腰を振って、そのまま終わった。
「あなたのチンチン一番いいよ。」
と言っている。だれが教えたのか。
こんな日本語を、日本人客全員に言っているのかと思うと、
まあ、どうでもいいことだが。
でも、ホント、めちゃくちゃ気持ちよかった。
明日もやりてーな、熱望してたHなんで、予想通り一方的に
動きまくって終わったが、明日は少しは考えよう。
スポンサーサイト
| バンコク | 00:00 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://keisking.blog54.fc2.com/tb.php/12-e7460e0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

Keis

Author:Keis
ようこそ!
5年前に滞在したバンコクの日々の記録です。

最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。