2001年、訳あって日本を飛び出した俺。 グダグダ過ごした、バンコクでの日常。 ナナプラザ、レインボー。 5年たったから、初めて書ける、酒・女・イカレの記録

タイたいざい 2001年

キリングフィールドに行ってみた。 | main | アンコールワットの雨
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
シェムリ→プノンペン
スピードボートに乗るために、朝早く起きた僕は、
出発の準備を終えて宿を出た、船着場までのピックアップが
迎えに来る。
その後、トラックは他の宿を数ヶ所回って、最後に寝坊した
日本人女性を乗せて船着場へとむかった。

全長20メートル程のボートは船内と屋根に客室が分けられる。
ちなみに屋根は外国人専用と言えるほどに外国人しかいない。
出発してしばらくは水草の束をよけながらの走行で、
あまりスピードは出ていないが、それを過ぎると、
結構なスピードを出してくれる。
ときどきすれ違う小船の子供達はこのボートを見ると、
笑いながら手を振ってくる。
水上集落のように池の中に数件の家があったりして、良い雰囲気を
出している。
風のためなのか直射日光もあまり気にならなかった。
日本よりも雲が低い位置にあって、不思議な空間を演出してくれる。
5時間ほどして、やっとカンボジアの首都プノンペンへ着いた。
うるさい欧米人も、さすがに疲れた様子で、黙々と
船を降りていく。船を降りると、宿の客引きが待ち構えていた。
名物のキャピタルには、必ず泊まるつもりだったので、
まあ、いいかとキャピタルの客引きについていく。
エアコンバスが用意されていて、ああ、首都なんだなと思う。
最初にキャピタル1に連れて行かれたので、キャピタル2の方へ
連れて行ってもらうことにした。
窓のある部屋にしてもらって、なんとか泊まれそうな感じに安心する。
その後、歩いてツールスレーンへ行った。
最初、方向が分からず、南へ行くところを西へ行ってしまい
かなり大回りになったが、なんとか到着した。
入り口で2$を支払うと、建物の中へ入ってみた。
部屋の中には古びたベッドと当時の写真があった。
殺された人達の顔写真。
レンガで区切られた一畳ほどの独房。
拷問道具の数々。
当時のポルポト派は何の理想で人々を殺していたのか?
理由は?ちょっと調べてみたくなった。

ツールスレーンの前には結構、悪なやつがたむろっている。
シャツの袖を引っ張られたので、少々ムッとした。
帰りは北上するだけなので、意外とあっさり宿へ着いた。
シャワーを浴びて、数人で夕食を食べに行った。
中華料理屋で餃子やぶっかけ飯を食べて$2、3ぐらいだった。
まあ、おいしいかな。
夜はこの街、治安がやばいらしいので、出かけられない。
カフェで暇をつぶして眠るしかやることはない。
なんか、健康になりそうだ・・・。



スポンサーサイト
| カンボジア | 00:00 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://keisking.blog54.fc2.com/tb.php/19-c6e86a9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

Keis

Author:Keis
ようこそ!
5年前に滞在したバンコクの日々の記録です。

最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。