2001年、訳あって日本を飛び出した俺。 グダグダ過ごした、バンコクでの日常。 ナナプラザ、レインボー。 5年たったから、初めて書ける、酒・女・イカレの記録

タイたいざい 2001年

オーちゃんとH | main | 完璧なイ娘
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
イ娘の言葉
日本を立って、早くも1ヶ月がすぎた。
こんなに長く日本を離れたのは、フィリピンに2ヶ月いたとき以来だ。
きっと日本は寒くなってるのだろう。
朝8時ごろに目が覚めたのだが、特に何もすることがない。
鳥飯屋は、まだ開いていないだろう。
あ~あ、鳥飯食いたい。
タイは、屋台とか安食堂とか充実してるので、セブンの弁当
みたいなのがいまいちだ。冷凍物をチンぐらいなのである。
外国人の僕としては、あるといいなと思うのだが、
タイ人は思わないのだろう。
JWを飲んで、暇を潰した。

少し眠って、目を覚ますと昼過ぎ。
やはり、今日は鳥飯を食べに行こう。
そう言えば、昨日イ娘が電話するって言ってたな。
本当にするのか?
昼間は、同じ宿に泊まっている日本人とうだうだ話して、
暇を潰した。
夕食に時間が早かったが、竹亭に行った。
おしゃれな日本食屋って感じだろうか?
まあ、ちと高めなのだが、しょうがないだろう。
会計の時に、タイ人が日本人オーナーに
「子の客は、ディスカウントするのか?」と聞いていたが、
客の目の前で堂々と聞かれた日には、妙な気になる。
飯を食ってしばらくすると、イ娘から電話が入った。
「今日、店に来る?」
いきなりの質問だ・・・。
「今日、絶対に来なさいね!解かった?」
そして、命令・・・。
結局、行くことになった。

10時半ごろ、ナナにバスで向かって、レインボー2へと向かう。
でも、イ娘は居なかった。
他の女たちが、「彼女は戻ってこないよ。」と口々に言ってくる。
やっぱカワイイから、仕事に出てるのだろう。
自分が来いと言ったくせに・・・。
そのままビールを飲んでいると30分ほどして、イ娘が
戻ってきたらしく、龍のイレズミがチラチラ見えた。
まあ、そのうち来るのだろうと、ステージを見ながら、
昔、横につけて、PB断った女の子をじっと見ていた。
「あんた、なんで私を見るのよ?」と言っている。
まあ、いいじゃん。基本的には好みなんだからさ。
ステージが終わって、その娘が横に来たのでイチャつく。
おもろいな~。
で、それは良いとして、イ娘は?
とりあえず、この娘のPB攻撃を断ると、女は消えていった。
すると直ぐに、イ娘がやってくる。
何日か前も同じパターンだったな。
無言のルールというのが有るのだろう。
イ娘は、「私はステージで踊るが、あなたは待ってるね。」
と言っている。

しばらくして、イ娘が踊り始めた。
やばい、まじでカワイイ。他の娘と比べて数段カワイイ。
結構、いろんな席から呼ばれてる様だ。
ステージから降りて、いろんな席に行っている。
何ヶ所か行って、僕の所にやってきた。
やっぱり、いつものように遠い目をしている。
PBをして、3階のラブホへ向かった。
めずらしく、「一緒にシャワーをしよう。」という。
体中を洗われる。
その後、ベッドでコンドームを着けることなく、
生で騎乗位注入をされる。
やばいよな。脳裏に走ったが、もう止まらない。
イ娘にガンガン腰を振られた後、
「中で出して・・・。」
と耳元で告げられ、正常位にて大量中出し・・・。
気持ち良い。いつもの5倍は出たな。
その後、アレを口でなめなめしてくれる。
いやらしい。
こんないやらしい娘だったのか・・・。
・・・ちょっと引いた・・・。
その後、イ娘と色々な事を話す。
イ娘の家庭の事、昔の彼氏の事。
「あなたは日本人、いつか日本に帰る。
そして、私はタイにいる。
私はいや。
一緒にいないと嫌なの。」
彼女の熱弁は続く、
時間は既に2時20分。
ナナの灯も消える頃だ。
もう帰ろうよ。
外へ出ると、階段で厚いディープキスをかまされて、
なんとなくたじろいだ。
う~ん、なんだろうか?ちと怖い。

タクシーでカオサンに帰っていると、オーちゃんが電話してきた。
今日はパーティするとのことだ。
しょうがないので、龍さんのマンションへ向かった。
すると、すでに、思いっきりパーティだった。
とりあえず、駆けつけ3杯と、薬を入れて楽しんでいると、
オーちゃんが隣にやってくる。
なんか、キスされてる。
なんか、抱きつかれてる。
なんか、ちんこ触られてるよ。
う~ん。イ娘といい、オーちゃんといい。
今日はタイ娘のエロな部分を見せられて引いてしまうな・・・。
朝まで飛んで、オーちゃんとベットで眠った。
オーちゃんがイチャイチャしてくるので、相手してると、
いきなり、僕のアレを咥えてきた・・・。
まずい、気持ち良い。
お互いに利いてるので、そのままどれぐらいだろうか、
相当長い時間、やってもらった。
気持ち良いが、出ないな・・・。
利いてんだろうな。
いいや、このままずっとやらせよう。きもちいいし。
そのまま僕が眠るまで、オーちゃんは咥えていたらしい。
スポンサーサイト
| バンコク | 00:00 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://keisking.blog54.fc2.com/tb.php/34-87eaea8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

Keis

Author:Keis
ようこそ!
5年前に滞在したバンコクの日々の記録です。

最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。