2001年、訳あって日本を飛び出した俺。 グダグダ過ごした、バンコクでの日常。 ナナプラザ、レインボー。 5年たったから、初めて書ける、酒・女・イカレの記録

タイたいざい 2001年

ビックエコー | main | RCAに行った
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
飛んでるイ娘
昨日はそのまま眠ったので、昼ごろには目が覚めた。
横にオーちゃんがいたので、なんとなく気持ち良いことをする。
3時ごろに、オーやエーンがパスポートを作りに行くと言うので、
僕はカオサンに帰ることにした。
サヤームセンターで豚飯を食べて、伊勢丹でタイ語の本を買った。
その後、カオサンに戻ると、もう夕方だった。
イ娘に、「今日行くから!」とタイ語でメールを打った。

夜10時、ナナヘと向かった。
イ娘、居ないね。あ~あ、そろそろ嫌になってきた。
11時ごろ、イ娘に電話すると、今から来るとのこと。
R2でしばらく待っていると、イ娘がやってきた。
が、完全に逝ってる。
話を聞くと。
e・k・ヤーバと気持ちよくなってるとの事・・・。
そんな中、龍さんから電話が入る。
ちょっと来ないか、との事。
イ娘に、「いっしょに行こうよ。」と話したが、
行きたくない、あなただけで行きなさい。と言う・・・。
なんだかな~。
この時、何か胸が、何と言えば良いのか?
痛いと言うか、苦しいわけではなく、上から押さえつけられるような、
淋しいような、そう、自分は一人ぼっちなんだな。
という気持ちが、胸の奥深いところから、湧き上がってきた。
旅を続ける為に、障害となっているこの娘を
特別な感情で見ていた自分に気がついてしまった。
そして、悲しいかな、彼女は僕のことなど必要としていないのだ。
と、言うか、彼女が僕を必要としていないのは、前から知っていたが。
はっきりとした現実を見せられたと言った方が正しいだろう。
でも、嫌いになることはできなかった。
その後、イ娘と別れて、龍さんのところへ行った。
イ娘がめずらしく、メールを打ってくる。
「今日は、ごめんなさい。」

カオサンへ帰って、ロビーでビール、部屋でウイスキーと
かなり飲んだようだ。
ロビーでは、同宿の日本人に、かなりのたわごとを言ったようだ。
だめだな。俺。
酒によって、ウダウダ言うなんて最低だ。
ホントだめだな。」
スポンサーサイト
| バンコク | 00:00 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://keisking.blog54.fc2.com/tb.php/39-b6c7a197
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

Keis

Author:Keis
ようこそ!
5年前に滞在したバンコクの日々の記録です。

最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。