2001年、訳あって日本を飛び出した俺。 グダグダ過ごした、バンコクでの日常。 ナナプラザ、レインボー。 5年たったから、初めて書ける、酒・女・イカレの記録

タイたいざい 2001年

オーと2人 | main | 心の鍵
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
オーとエーン
昨日、イ娘とやったあと、カオサンに帰ると、
オーちゃんからメールが入っていた。
「今からエーンの部屋においで!」
つい先ほどまで、イ娘といちゃついていたのに、オーちゃんには
会うわけにはいかない。行くのはやめよう。
そう思いながら、メコンを流し込むと、眠くなった。

次の日、朝早く目が覚めた。といっても、9時過ぎだ。
フロントで携帯をチャージする。部屋にはコンセントが無いからだ。
その後、鳥飯を食べに行って、帰ってくると、フロントが
聞いてきた。
「いつまでいるの?」
僕は結構、宿に荷物だけ置いて、泊まっていなかった。
とりあえず、あと4、5日と言うと、3日分の宿代を前払いした。

さて、何をしようか?
一瞬、ラチャダーでMPでも。と思ったが、今日は日本で言うところの、
「おぼん」の様な日らしく、オーちゃんの所に行くと以前から
約束してたので、行くことにした。
オーちゃんが映画を見たいと言ってたので、MBKで待ち合わせて、
ジェットリーの新作を見ることにした。
その後、パソコン屋で日本向けの書類を作らされるのだが、
日本で仕事をしていた頃の記憶が思い出された。

龍さんの彼女であるエーンと合流すると、カオサンの南、
王宮の南のワットに向かった。
むちゃくちゃ人が居る。
夜店の射的でマスコット人形を4つ取った。
B50かかったので、高いのか安いのかわからないところだね。
その後、辛いきし麺のスープなしを食べる。
一緒に食べさせられた草類を食べていると、
「ああ、なんか俺、虫みたい。」
なんて思ってしまった。

その後、タクシー乗って、エーンの実家の近くまで行き、
草籠を川に流した。
エーンは何だか妙な雰囲気だった。
今年、子供でも降ろしたのだろうか?
この後、近くのパソコン屋へ行って、2時間ほど書類を作らされる。
日本に居た頃なら、これだけで1万2千円の仕事だ。
しかし、今は無料奉仕・・・。まあ、いいけどね。
その後、エーンの部屋に行くと、
「明日からシンガポールに行くの。1週間、ここに泊まってくれない?」
と言われる。
オーちゃんもいっしょに泊まるとのことで、OKした。

この時、何か色々な事が一つに結びついたような気がした。
・エーンに時々かかって来る英語の電話。
・エーンは結構、英語が話せる。
・シンガポールの知人がエーンには居る事。
・そして、エーンの昔の仕事・・・。
エーンは龍さんには言ってはいけないと言いながら、笑っていた。

オーちゃんとソファーでいちゃつきながら、抱き合って眠った。
ベッドはあるが、このソファーで眠るのも、密着度が高くて好きだ。
オーちゃんと居る時は、イ娘のことが忘れられた。
スポンサーサイト
| バンコク | 00:00 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://keisking.blog54.fc2.com/tb.php/46-3d20d326
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

Keis

Author:Keis
ようこそ!
5年前に滞在したバンコクの日々の記録です。

最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。