2001年、訳あって日本を飛び出した俺。 グダグダ過ごした、バンコクでの日常。 ナナプラザ、レインボー。 5年たったから、初めて書ける、酒・女・イカレの記録

タイたいざい 2001年

MBKまで歩いてみた | main | 故宮博物館とランニングオヤジ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
タイ上陸
昨日は興奮して、なかなか眠れなかった。
朝は朝で、6時頃に目が覚める。
こんなに早く起きても、何もすることが無いので
ベッドで目を瞑っている。
頭の中は、今日の旅程で初めて使う、空港バスの事を考えていた。

エアポートバスが有るらしいが、普通の路線バスも有る様だ。
深く考えても仕方が無い、日記と手紙を書いていると
8:30になったので、バックパックに荷物を詰め込み
帰ることにした。

外の居間では白人のジイ様と若い男女のカップルがいた。
ジイ様に鍵を渡すとNT$100を返してくれた。
これでこの座敷牢のような宿ともさよならだ。

外へ出ると、雨も降っておらず、
「あと何日かここにいれば、故宮博物館も行けたのに。」と、
思いながら、宿から大通りを挟んだ向かいの
アンバサダーホテル前から出るリムジンバスに乗ることとした。

待っていると後ろから知らないおじさんが声をかける。
「空港行きは、ここでいいの?」
僕だって初めての台北、分かるわけは無い。
話してみると、バンコク帰りで台北によったらしい。
僕とは逆だ。

一時間ほど、バスは走り空港へと着いた、出発の3時間前だ。
台風の影響で遅れるとヤバイと思い、早く出発したのだが、
意外にスンナリ着いてしまった。とりあえず、タバコを吸い
友人へ手紙を出すために郵便局へ向かった。
料金を聞くと、日本まではNT$13だった。

地下へ降りていくと、食堂があった。
三宝飯なるものを食べてみたが、何を持って三宝なのか?
鳥は予想通り漢方薬の味がした、わかっていたので
美味しく頂けた。

残ったNT$を両替した。店員が「あと¥300もってますか?」
と聞いてきたが、US$でもらうことにして$56とNT30が
返ってきた。けっこう使ったよな、台湾。
2日間で9千円ぐらい使っている。

チェックインも終わり、イミグレを通った後に自販機があるが、
これはNT$しか使えないので、多少のコインはあったほうが
良いと思った。そんなこんなで、13:30出発予定のCIは
13:15に予定変更としておきながら、結局は
14:00に飛び立った。

僕の席は3時間前にチェックインしただけあってエコノミーの
最前列だった。隣はドイツ人、なんか色々話しかけてくる。
悪い人ではない様子だが、僕は英語で話す気が全く無かったので、
途中で眠ってしまった。

バンコクのドンムアン空港へ到着した。
今回で3回目のタイだが、前回、前々回は仕事で行ったので、
全て至れり尽くせりだった。今回は1人。だれも助けてくれない。
エアポートバスの表記を頼りに歩いていくと、出口へと
導かれていく。そこを出て坂を下ると、バスの発券場があった。
B100。外に出て路線バスに乗ればもっと安いそうだ。
まあ、今日はこれでいいや。

バスに乗ると、隣の席だったドイツ人がいた。2,3言葉を交わして
それとなくしておいた。どうも、台北で欧米人に気後れして
しまったようだ。

空港を出たバスは高速に入った。急に空が暗くなったかと思ったら、
ものすごい雨が降り出した。スコールである。
もともとバンコクは夕方渋滞するのに加えて、この雨。
バスは、走る時間よりも泊まっている時間のほうが長いんじゃないか
と思えるぐらい、全く進まない。数時間かけて、バスはやっと
カオサンの近くへ到着した。

いっせいに降りる乗客たち、中には日本人も数人居た。
カオサンの安宿に泊まるのがはやりなのだろうか?と、思えるほどに
良い年をされた男女が、キャスター付きのバッグを持って
カオサンへ向かっている。僕はと言えば、なんでだろう。
カオサンなんかに向かっているのだろう。
先月までは1泊100ドル程度の宿には泊まっていたはずなのに・・・。

バスを降りて、最初の難関は、目の前の通りを横切ることだった。
絶え間ない車を何とか見切り、ガイドに乗っていたCH2へ向かった。
部屋はダブルのシャワートイレ付きなら空いていた。
別にそんな高い部屋と思ったが、雨が降る中、歩きたくなかったので
ここで良しとした。

どこか、食べに行くか?
このあたりの事は、まだ良くわからないので、落ち着かない。
基本的に歩いて、周りを知らないと安心できないのだ、
頭の中に白い紙があって、紙に宿と道が書かれていく、
この道や建物の数が増えれば増えるほど、生活が簡単に
なってゆく。とりあえず、カオサンロードなるものを見に行った。
全長700メートルほどの道や宿や外人向けの店が集中している。
主に、欧米人がたむろっている。一種異様な光景である。

とりあえずレックさんラーメンへ行き、豚の生姜焼き定食を頼んだ。
3,40分ほど時間が過ぎて、やっと料理が運ばれてきた。
その間、周りを見てると、どうやら3階で1人客は僕だけで、
タイ人の女だけのグループや欧米人男と日本娘とかもいる。
やはりというか、欧米娘と日本男児というカップルはいなかった。
ある意味、今の日本は男より女のほうが受けが良いのだろう。
などと考えながら食べた料理は、予想していたものとは
多少違っていたが、味は、悪くない。あとは、この、タイ米の
独特の臭いが無ければ、毎日でも食える。
そう思いながらも、ペロリと全て平らげてしまった。

宿へ戻り、ここ数日、ゆっくりとできなかったシャワーを
存分に浴びる。気持ちいい。
どこかナイトライフ行くか?とも思ったが、別に今日明日で
どうにかなる訳じゃない。ゆっくりしよう。
セブンイレブンでビールを買って、眠った。
スポンサーサイト
| バンコク | 00:00 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://keisking.blog54.fc2.com/tb.php/5-da2b17f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

Keis

Author:Keis
ようこそ!
5年前に滞在したバンコクの日々の記録です。

最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。